読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま言葉にできること

Miumiブログ。世界を、時代を、現代を見つめて、言葉は真実をあきらめてならない。

「忖度」こそが日本型ファシズムの原型

森友問題の不思議。

それは、この法人に対して明らかに不当な、官僚による国有地の値下げ売却が行われたのに、今のところ、明確な汚職らしき証拠がみあたらないこと。

 

そして、総理夫人がそれに関わってきたらしき過程の中で、証拠能力のある籠池理事長証言によれば、”総理夫人への献金”ではなく、”総理夫人からの寄付”によって寄付金集めの”推進”が行われてきたらしきこと。

 

そして残すべき意思決定の過程の記録が、官僚によってあたかも合法であるかのように、平気で廃棄されていること。

 

察するに、

政治家先生はきょうび、汚いカネなんか別にもらわなくてもいいらしい。
ヘイトの右翼学校、上等だ。これぞなんとか会議のめざすとこ。これぞ憲法改正、国民総動員への道。寄付をし、シジンのフジンを使ってでも、それを応援するのみであったのだ。

 

そして察するに、

官僚は、汚いカネなんかのどうこうに別に興味はないらしい。
政治家先生に睨まれさえしなけきゃ、順調に給料はじゅーぶん上がるし、先の出世も当然ある。人事権握った政治家大先生に睨まれさえしないなら、むしろ気に入られるならば、どんなに手を汚して汚い隠蔽答弁を繰り返したところで、出世は順調、出世の先は権力者。

 

だから、忖度忖度なのであります。
今日も忖度明日も忖度。忖度だけは忘れずに。空気読むこと大事です。
そしてもっともっと大事なことは、忖度の証拠を残さないこと。
だってヤバいです、これ実は、全く妥当性がない、危ない危ない、危ない忖度なのでして。
忖度ヤバいね、国有財産の勝手な値引き八億円だもん。

 

ですので、法令ギリギリでヤバい記録は捨てました。
忖度やって、記録は捨てる。隠した記録は速攻処分。経産相を見習って官庁鍵掛け、メディアさよなら。危ない記録、これで絶対陽の目を見ることはない。あはは!安泰。お見事お見事。うふふ、自分を褒めてあげたい。

 

こうして、タマゴが先かニワトリが先か、よくわからない、政治とカネならぬ、政治と官僚の蜜月がガッツリネトネトと続くのであります。もはや誰にも責任を問えないシステムがあるのだそうであります。

 

日本型ファシズム
それはまさに忖度であります。
誰も逆らわない、みずから進んで喜んで全体主義に身を投じる。こうしてかつて、ヒットラーすら「羨ましい」と憧れた、日本型の世界一強固な鵺のような不気味なファシズムができたのであります。

 

ちなみに、忖度しても一銭の得もないビンボー人は、むしろ身体を張って不正や不当を正そうと主張するのであります。
そうした忖度できないドアホのビンボー人には、威力業務妨害で5ヶ月でも10ヶ月でも留置場にいてもらわなくては困るのだそうであります。


こいつら何もしてない? 簡単であります、共謀罪があります。
LINEでデモに行くお誘いをしただけで十分であります。そんな不貞のビンボー民間人は、一網打尽でお縄にしましょう。

 

共謀罪、21日に衆議院法務委員会に提出されております。
しどろもどろの金田法相が、相変わらず不勉強なまま答弁に立つのでしょうが、
あろうことか、この議席数なら、誰も知らないうちに強行採決だってできちゃいます。