読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま言葉にできること

Miumiブログ。世界を、時代を、現代を見つめて、言葉は真実をあきらめてならない。

順応と無関心と忘却

何冊もこの人の本を読んでるのに、全く何ひとつ身についてない感じがする。人は個として思索するものであり、身につくようなものじゃないんだろうな、と暗澹とする。
それにしても辺見庸は凄い。もう何十年も《ファシズム》と戦っている。

いつも日常に追われるばかりの私は、気がつけば、自分の中の、あるいは自分の周りの《ファシズム》に意識がなくなっている。

上下意識、
支配ー被支配、
ハラスメント、
いじめといじめに対する無関心、
嘘と抑圧への無関心、
ルールは要らないーすなわち私がルールだ、
そして不快な事は全て忘れ去ってしまうこと、

これらは全て、私と私の周りに現に存在する、そしてこれからますます日本と世界を覆い尽くす《ファシズム》の芽だ。

辺見庸は、人々の順応主義が、あからさまに好戦的な国家権力と、それを後押しする資本、メディアの推し進める《ファシズム》を支えていると言う。

人は、不快を恐れるあまりに、その不快さにすらにすら慣れ、不快さに順応してしまう生き物なのだ。
そしていつかその不快さの理由を忘れる。
言葉で書かれた歴史は消えていく。出版物は少なくなり、教科書は真実ではなく国家権力の推奨した言葉を、その紙面に掲載する。歴史と記憶が消えて行き、人々はやがて不快さの根拠を喪う。

ファシズム》による支配は正義となり、自由を求める抵抗は犯罪となる。
私たちはまさに今そういった時代への過度期を生きている。

順応と無関心と忘却。本当に今闘わなければならない相手は、私の中のこうした心象である。

f:id:Miumi2015:20160122145659j:image